クラミジアだと思ったら即ジスロマック

クラミジアにはジスロマックが定番ですが細かく言うと細菌の感染症にはジスロマックが効きます。ですので性病以外にも細菌の感染症には万能な効果を発揮してくれます。自宅に常備しておくと重宝すること間違いなし。

せいびょうの種類であるクラミジアはジスロマック

性行為によって感染する可能性があるせいびょうにもいろんな種類があります。そのせいびょうの種類で日本人で罹りやすいと言われているせいびょうのひとつがクラミジアです。性行為はもちろん、オーラルセックスでも感染することがあり、性器だけではなく咽頭も注意が必要な病気です。せいびょうの種類によって治療法は異なりますので、クラミジアに合った治療を受けることが大切です。

クラミジアに効果がある医薬品はジスロマックになります。この医薬品は9割の可能性でクラミジアを治療することができる医薬品として知られており、また1回の服用で1週間効果がありますので、治療としては面倒なことをしなくて済みます。一度だけ服用するだけで構いませんので比較的楽な治療法です。

ジスロマックは500mgを1回に2錠、もしくは胃腸が弱い方は1錠を3日に分けて飲むことが推奨されています。どんな医薬品にも副作用が生じ、ジスロマックも例外ではなく胃や腸に刺激を与えることがありますので、胃腸が弱い方は、食後2時間は服用しないようにしましょう。下痢になる可能性がありますので注意してください。

クラミジアの特徴として、潜伏期間が長い時は3週間かかることもあり、不特定多数と性行為をした際は誰に移されたのかわからないこともあります。また直接挿入をしないでもオーラルセックスによって咽喉に感染するのも特徴であり、女性が咽頭に感染し、男性器に移すということもあり得ます。よって風俗通いをしている男性は、パートナーにも移してしまうことがありますので、注意が必要です。自覚症状が出ないこともあり、特に女性は不妊の原因になることがあります。心当たりがある女性は特に積極的に検査をしてほしいせいびょうです。