クラミジアだと思ったら即ジスロマック

クラミジアにはジスロマックが定番ですが細かく言うと細菌の感染症にはジスロマックが効きます。ですので性病以外にも細菌の感染症には万能な効果を発揮してくれます。自宅に常備しておくと重宝すること間違いなし。

おりものの臭いとジスロマックの服用

異性との性行為によって病原性微生物に感染してしまった場合、症状が出ないことももちろんありますが、性器やその周辺部になんらかの異常があらわれる場合が多いといえます。特に、女性は男性と違って妊娠するための特殊な体の構造となっていますので、人体に寄生しているこうした病原性の微生物にとってもきわめて住みやすい環境になってしまっている可能性があります。
たとえば、女性がクラミジア感染症などにかかってしまった場合、おりものからくさい臭いが出たり、性行為のときに痛みをともなったりすることがあるためにそれとわかります。おりものの臭いのような症状は、他の性感染症でも起こりうるもので、いずれにしても婦人科の医師などに相談すべきケースであるといえます。
クラミジア感染症にかかった場合には、病院では遺伝子検査などによって原因である微生物が特定され、その結果を踏まえて、ジスロマックなどの抗生物質の服用が決定されます。ジスロマックは、抗生物質のなかでも伝統的なペニシリン系とは異なるマクロライド系と呼ばれるグループに属しており、クラミジアのような病原性微生物の感染例で服用すると効き目がよいとされています。ジスロマックの服用開始から通常であれば1週間以内にはクラミジアの体内での増殖が抑えられ、おりものの臭いや痛みなどの症状は改善しているはずです。
なお、ジスロマックは抗生物質のなかでもそれほど副作用があるものではありませんが、体質によっては頭痛や腹痛、皮膚の発疹などの副作用がみられることもあります。基本的には放置しておいても問題はありませんが、もしも発疹などの皮膚症状のなかでも、急速にできものや赤みが拡大し、皮膚がめくれたりするようなものであった場合には、深刻なアレルギー症状である可能性がありますので、ただちに医師に診せることが必要です。